文字サイズ
>
会社の取組

会社の取組

 

安全方針


法令を遵守し、安全を最優先させる。

 

 

有限会社豊栄交通 取締役社長 新田 拓也

 

 

輸送の安全目標

 

 

  1、道路交通法の遵守

  2、命の救助、安全を最優先に行動する

  3、軽微擦傷事故・背突事故の撲滅

 

 

事故に関する統計

 

  ※2019年度(PDF)参照

 

 輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

  

  【2019年度状況】

  ・事故はありませんでした。

  ・全車両へのデジタルタコグラフを導入し、貸切車両の一部車両に無線機を装備しました。

  ・「無呼吸症候群(SAS)」については、2年に1度全従業員に対し受診をさせており、健康起因事故の防止対策

   を図っております。

  ・運転記録証明書も毎年1回取得しています。

 

 【2020年度実施計画】

  ・輸送の安全に関する目標の達成を目指します。

  ・新型コロナウィルス対策を検討中です。

  ・「無呼吸症候群(SAS)」については、継続して2年に1度全従業員に対し受診をさせるように計画し、健康起

   因事故の防止対策を図って参ります。

  ・運転記録証明書も毎年1回取得します。

 

輸送の安全に係る情報の伝達体制その他の組織体制

  

  ※事件・事故等安全緊急体制・連絡体制図(PDF)参照

  ※安全管理体制図(PDF)参照

  ※事業用自動車の運行管理等の体制図(PDF)参照

 

 

輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

 

  (1)教育及び研修の計画

     ・現任教育(乗務員月次教育)

     ・新任教育(入社時)

     ・特別教育(事故惹起者、新任、高齢者)

     ・事故防止研修会(地域交番の警部補招聘)

     ・事故災害時救急救命、AED講習(外部講師招聘)

     ・適性診断(一般、適齢)3年に1回以上受診

     ・運行管理者研修(一般講習)2年に1回以上受講

     ・社外講習、セミナー(随時)

  (2)交通安全運動等

     ・交通安全運動(春、夏、秋)

     ・年末年始の輸送に関する安全総点検

     ・運転記録証明書の取得(年1回)

     ・交通安全運動等に各実施事項を定め、従業員に対し通達を発し徹底を図る。

 

輸送の安全に係る内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置及び講じようとする措置

 

  ◎「安全管理の取組状況の自己チェックリスト(中小事業者用)※国土交通省作成」活用

   2021年3月本社営業所において、チェックリストに基づき適切な運用をしているか、または適切に記録を

   残しているかをチェックしました。

   「安全確保に向けた取組状況」として記録をし、修正・改善が必要な箇所については検討をし、必要に応

   じて修正、改善をしております。

 

安全管理規定

 

  ※安全管理規定(PDF)参照

   2013年12月25日中国運輸局届出済

 

安全統括管理者

 

  取締役社長 新田 拓也(選任日 2005年1月6日)

 

 

一般貸切旅客自動車運送事業標準運送約款  PDFダウンロード
一般乗用旅客自動車運送事業標準運送約款  PDFダウンロード
一般乗合旅客自動車運送事業標準運送約款  PDFダウンロード

 

 

 

 ※このマークは、貸切バスをご利用されるお客様が安心してバス会社を選択できるよう、

  安全に対する取組状況が優良なバス会社であることを示すシンボルマークです。

  「SAFETY BUS」(セーフティバス)は、安全に対して弛まぬ努力をし続けているバスを意味します。

 

弊社は、令和元年に「貸切バス安全性評価認定制度」において、一ツ星★の認定を受けました。

社員一同、安全性の確保に向けた意識の向上や取り組みの促進を図り、より安全な貸切バスサービスの提供ができるよう、努めてまいります。